小さな旅とタウンウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS オーストリアの旅(2日目・その1)ザルツブルク

<<   作成日時 : 2017/09/11 23:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年8月14日(月)〜8月21日(月)まで日本旅行のツアー「美しきオーストリア紀行8日間」でオーストリアへ出かけ ました。
2日目の8月15日(火)は、ザルツブルクのホテルを出発し、ザルツブルク市内観光、昼食後、ザルツカンマーグート地方(湖水地方)へ移動し、観光、ザルツカンマーグート地方のホテルに宿泊しました。

画像


●8月15日(火)のスケジュール
 09:30 ザルツブルクのホテル出発
 午前  ザルツブルク市内観光
      (ザルツブルク〜ザルツカンマーグート地方 約30分)
 午後  ザルツカンマーグート地方観光
 17:30 ザルツカンマーグート地方のホテル着

☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

ザルツブルク
オーストリア北西部に位置し、ザルツブルク州の州都。
ザルツブルクと言う名は、この地が塩の豊富な採掘地であったことに由来し、塩の交易によって発展を遂げてきた。中世になると、大司教の統治下となり歴代の大司教は莫大な財力を背景に、豪華な宮殿を建て栄華を極めた。モーツアルトの誕生の地、ザルツブルク音楽祭の開催地としても知られている。
旧市街と新市街の歴史的建造物は、1996年に「ザルツブルク市街の歴史地区」として世界遺産に登録された。

ザルツブルクの市内観光は、現地ガイドの案内でザルツァッハ川の右岸の新市街から徒歩観光がスタートしました。。

ミラベル宮殿&庭園
1606年、大司教ヴォルフ・ディートリッヒが愛人サロメ・アルトのために建てた館。ヨハン・カスパール・ツッカリの設計による。ミラベル宮殿の美しい庭園はフィッシャー・フォン・エルラッハの設計による。映画『サウンド・オブ・ミュージック』では、「ドレミの歌」で使われた場所。

画像


画像


画像


小高い丘の上に見えているのは、ホーエンザルツブルク城。

画像


画像


三位一体教会
1692年〜1702年頃、大司教ヨハン・エルンスト。フォン・トゥーンの命で建てられたバロック様式の教会。

画像


カラヤンの生家
音楽界に多大な業績を残したヘルベルト・フォン・カラヤンの生まれた家。一般公開はされていません。

画像


ザルツァッハ川に架かるマカルト橋を渡ると旧市街になります。橋の欄干には南京錠がいっぱい掛けられています。縁結び?

画像


ゲトライデ通り
モーツアルトの生家がこの通りにある。幅約3mの狭い通りにカフェやレストラン、お土産屋などが建ち並ぶ。店先に個性的な鉄細工の看板を取り付けている。

画像


モーツアルトの生家
ゲトライデ通りあるにウォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1756年に生まれてから7歳まで過ごした家。当時、モーツアルト一家は4階部分の3部屋を使っていたそうです。愛用していたピアノやバイオリン、直筆の楽譜などが展示されています。

画像


画像


岩塩を商品化したお店によりました。
画像


手前の色の濃い方がザルツブルクの岩塩です。
画像


フェルゼンライトシューレ劇場
山の岩肌を削ってつくられた劇場。映画『サウンド・オブ・ミュージック』でコンテスト会場となり子供たちが「エーデルワイス」を歌った場所に使われた。

画像


大聖堂
774年建立。大火災や空爆による破壊からの再建、改修をを経て1959年に現在の姿に。モーツアルトはここで洗礼を受け、1779年からオルガン奏者として活躍した。また、カラヤンの告別式が行われたことでも知られている。

画像


レジデンツ(大司教の館)
1595年に、大司教デートリッヒの命で着工した宮殿。180もの部屋があり、6歳のモーツアルトが大司教の前で演奏を行った「会議の間」などが公開されている。

画像


レジデンツ前の広場。
画像


画像


赤い花で飾られたザルツブルクで一番古いカフェ。
画像


カフェの前の広場のパントマイムは、宙に浮いています。どういう仕掛けなのか不思議。
画像


ザンクト・ペーター教会
聖ルペルトが696年に開いた僧院で、オーストリア最古のベネディクト派教会。

画像


昼食は創業が803年という中欧最古のレストラン、ザンクト・ペーター・シュティフツケラー。ザンクト・ペーター教会に隣接しています。
画像


画像


スープ
画像


メインはポーク
画像


デザートはザルツブルガーノツケルン。ふんわり泡立てたメレンゲをこんもりと盛り付けて焼き上げるスフレ状のお菓子。とても甘くてひと山食べてギブアップでした。

画像


昼食の後、ザルツカンマーグート地方(湖水地方)へ移動しました。

☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーストリアの旅(2日目・その1)ザルツブルク 小さな旅とタウンウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる